クラスTシャツのおすすめカラー

クラスTシャツとはなんでしょうか。聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。文字通りに解釈すると、学級やクラス単位で作成するTシャツになります。一般的にはイベントを盛り上げるための衣装としてグループやサークル単位で作成するTシャツのことです。高校の文化祭や体育祭、大学のサークルなどでよく見かけるTシャツがこのクラスTシャツです。連帯感を出すための1つの道具として活用されています。また、クラスTシャツにはTシャツだけではなくポロシャツ、パーカー、ウインドブレーカーなどもクラスTシャツに含まれます。ほとんどのショップで取り扱っています。同じ目標やゴールに向かって活動する仲間の象徴がクラスTシャツです。クラスTシャツはWebからの注文がおすすめです。圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。とにかく安くそして早くクラスTシャツを作成してくれます。

グループの特徴や目的で生地を選びましょう

クラスTシャツを作成するときに大事なポイントは、生地選びとデザインです。生地ですが、グループの特徴や目的によって選ぶ生地は異なります。一般的にTシャツの生地は綿が多いですが、スポーツや激しく体を動かすグループにはポリエステルを多く含むドライ系の生地を選びましょう。特に外で活動するグループはドライ系がおすすめです。ポロシャツもTシャツ同じ考え方です。パーカーは秋か冬に使うので生地裏の選択が重要です。生地の厚さも重要です。厚さはオンスで表記します。3-4オンスが薄手、5-7オンスが厚手です。パーカーは9-13オンスになります。糸の種類にも注目してみましょう。品質の高い順よりコーマ糸、セミコーマ糸、カード糸の3種類があります。糸は選べないかもしれませんがどの糸が使われているか知っておきましょう。

色は文字と生地との組み合わせが重要

生地が決まれば、次はデザインです。ベースになる生地の色を決めましょう。人気のある綿Tシャツの色は、黄、赤、青色です。目立つ色がよいでしょう。白も人気はありますが、やや目立ちません。黒や黒に近いダーク系の色も人気はありますが、外で活動するときは暑くなりますので注意が必要です。ベースの色が決まれば文字を入れます。サークルや団体名に加えてスローガンを入れます。文字の字体も大事です。デザインの大枠が決まれば、クラスTシャツを販売するWebサイトでシミュレーションを行います。ほとんどのサイトでは色と文字を組み合わせのシミュレーションが行えます。組み合わせは個人のセンスによりますが同じ色の組み合わせは避けましょう。例えば黄色と黄緑では目立ちません。文字を引き出す生地の色を選択しましょう。