クラスTシャツを作る際におすすめの業者の探し方

クラスTシャツの製作を検討する場合、悩ましいのが業者の選定です。というのも、その市場規模はここ10年余りで急速に拡がり、クラスTシャツを扱う業者の数も右肩上がりに増加しています。市場は既に成熟期に入ったといわれるほどで、今やほとんどの業者が自社のホームページを開設して自慢の商品を大いにアピールしています。クラスTシャツの製作に当たっては、失敗は許されません。なぜならば、クラスTシャツは文化祭や体育祭など学生生活において、クラスの団結力を強めモチベーションアップにつながるものだからです。それは、学生生活の思い出の1ページとして刻まれる特別な1枚といえます。それだけに、業者選びはしっかりと行いたいものです。ここでは、クラスTシャツの製作をオンラインで進める際の留意点を確認しておきます。

クラT製作、料金体系は分かりやすく提示されているか

小学生から大学生までクラスTシャツは浸透していて、最近は「クラT」という略称で呼ばれるほどです。クラスTシャツといったオリジナルTシャツを扱うショップは、2007年頃から爆発的に増えたといいます。製造システムが飛躍的に進化し、より安く・より早くオリジナリティあふれるクラスTシャツを作ることができるようになりました。ショップの中には、Tシャツ1枚当たり1,000円を切る低価格や最短翌日出荷をうたうところもあります。だからといって、サイト上の目立つ情報に目を奪われて安易に業者を選んでしまうのは厳禁です。プリントする場所や使用する色の数が増えると料金が想定よりも高くなり、予算オーバーを招く事態となってしまうからです。料金体系の詳細がサイト上で分かりやすく提示され、電話やメールでの問い合わせに対してもスタッフがていねいに対応していることが重要です。

専属デザイナーや自社工場の有無も業者選びのポイント

クラスTシャツの製作に当たっては、プリンターの高性能化などで幅広いデザインに対応できるようになってきています。そこでお勧めなのが、専属デザイナーがいる業者です。メリットとしては、デザインの作成をプロに助けてもらえるほか、アイデアが完全にまとまっていなくてもアドバイスを受けることができます。また、自社工場を持っている業者もお勧めです。プリントの内容について細かな指示が可能なケースが多いほか、発注から商品発送までの期間が比較的短いということが挙げられます。クラスの仲間が意見を出し合って決めたデザインが形になります。個性あふれるクラスTシャツは、かけがえのない大切な1枚です。業者を選ぶに当たってはホームページの記載内容をしっかりと確認し、限られた予算内でイメージ通りに製作できるかを見定めることが大切といえます。