日本では特に、スマートフォンにカバーをつけるのが一般的です。そのカバーの種類の豊富さは、世界一と言って過言ではありません。機能的にも多く盛り込まれており、選ぶのに困るほどです。
最もポピュラーなタイプとして、スマートフォンの側面と裏面を包み込むものがあります。汚れや傷から本体を守るという機能だけではなく、そのデザイン性も検討のポイントとなっています。
有名なキャラクターをあしらったものや、高級ブランドのロゴが大きく入ったもの、スマホカバーそのものが動物の形になっているものなど多種多様です。
色などもたくさんの種類がありますが、あえてシンプルなものを選んで、イラストや装飾を後から施すという人も多いです。
スマホそのものの機能として気になる点として、バッテリーの容量や継続して使用できる時間がありますが、カバーそのものにバッテリーを内蔵しているものも多いです。最近のものは軽量化も進み、手に持ってもわからない程で、人気があります。

見た目重視のバンパータイプも人気

スマートフォンの側面のみを保護する形のバンパータイプも人気です。近年のスマートフォンは、デザイン的にも優れているものが多く、側面のみをカバーすることでそのデザインを生かすことができます。
色を選ぶことでイメージを少し変えたり、もともとの色と同じにすることでスマホカバーを付けていないような見た目にもできます。
スマートフォンは、どんなに気をつけても落下が避けられない場面も多いです。その時最初に地面と接触するのは側面である可能性が高く、ここを守ることで最低限の保護は可能です。画面の傷も気になることから、バンパータイプを選ぶ人は、画面に耐衝撃の能力の高いフイルムを貼る人が多いです。薄い膜でありながら、かなりの衝撃に耐え得るものがたくさん販売されているので、安心して使うことができます。

ここ数年で特に利用者を増やしている手帳タイプ

画面を保護するという意味では、手帳タイプがベストです。厚めのカバーで覆ってしまっているため、少々落下しても傷がつきにくい構造になっています。カバンの中に入れていても傷がつく心配はなく、割とラフに扱えるのは人気の理由の1つです。
本革などを使った高級感のあるものなど、デザイン性にも選択肢が多く、ズボンのポケットに入れても気にならない程度の薄型のスマホカバーもたくさん販売されています。
スマホでよく使う機能として写真を撮ることが挙げられますが、手帳を開いてパタンと折り返すことで撮影にも支障がないものがほとんどです。かさばるからという理由で使用をためらう人もいますが、1度使うと手放せないという意見も多いです。
デザイン性がさりげない自己主張にもなるので、ちょっとしたおしゃれ感覚でこのタイプを選ぶ人もたくさんいます。