スマホは種類ごとに専用のカバーがあります。同じデザインで違う機種向けのタイプもありますが、機種が違うとはまらないものもあるので、購入するときには必ずチェックする必要があります。選ぶときのポイントは、どんな目的でカバーをつけるのかを決めておくことです。例えばスマホを水没から守りたいのであれば、水が入らないように周りが覆われているカバー、持ったときに滑って落としたくないのであればカバーにリングがついているタイプ、ICカードなどを入れてお財布携帯がわりにしたいのであれば手帳型のカバー、など自分の目的に優先順位をつけてみるといいです。全てを叶えるのは難しいので、何を優先させたいのかを最初に決めておくのがポイントです。その条件を満たしたスマホカバーの中から選ぶとぴったりのものが選べます。

人気が高い手帳型タイプのカバー

カードが入って通勤通学に便利ということで人気が高いのは、手帳型のスマホカバーです。開いたときに右側にスマホ、左側にカードなどが入れられるタイプが標準で、交通系のICカードを入れて自動改札を楽に通れるようにしている人が多いです。開かないとカードが反応しないという場合が多いですが、その問題をクリアするために電磁波対策を施してあるものもあります。手帳型の人気が高い理由として、他に可愛いデザインのものが多いということが挙げられます。女性はカバーにも可愛さを求める傾向があるので、そういう人たちから可愛いデザインが良いということで選ばれています。女性の場合は身だしなみにも気を使うので、カード入れのところに小さなミラーがついているタイプも人気があります。

操作性を重視しつつスマホを守りたい人のカバー

手帳型は機能性やデザイン性に優れていますが、その一方でいちいち開かないといけないので使いづらいという声もあります。スマホに着信が来たときにすぐに出られなかったりというタイムロスを気にする人からは、背面と周りだけを保護できるハードケースが人気です。手帳型と違って画面部分の保護はされていませんが、そのぶんすぐに画面が操作できるので使いやすいです。画面の保護力は手帳型には負けますが、極力画面が割れないようにバンパー部分が盛り上がっている形状のカバーもあります。また、手帳型のようなカード入れやミラーが欲しいけれども全体を覆いたくないという人には、ハードケースの形状で背面にカード入れやミラーがついているタイプが人気です。向きをひっくり返せばカード入れとして使うことができます。