使いやすいスマホカバーを選ぶなら、特に形状に着目する必要があります。
最近では様々な乗り物や動物や食べ物などを模った、変わったタイプもありますが、この様なタイプは手に馴染みにくく使いにくいです。逆にスマホとほとんど同じ大きさの真四角のタイプは、手に馴染みやすく使いやすいです。真四角のタイプが無くても、極力手に馴染む形状が良いです。
真四角なだけでなく、手で持つ部分にへこみがあり手で持った際により、手に馴染む物が使いやすくて便利です。
へこみだけでなくデコボコや膨らみなどが付いている物も非常に手に馴染んで不意の落下を防ぐ他、汗によって滑って落下することも防止できます。
使いやすさの1つとして持ちやすさや、手に馴染むかを基準に選ぶなら、極力シンプルで手で持つ部分に加工を施している物が良いです。

使いやすさを重視するなら素材も大事

スマホカバーの素材には、シリコンやポリカーボネート、アルミやレザーなどがあります。
手に馴染みやすい素材で選ぶならシリコンが最適です。シリコンはゴムの様な素材で手で持った時に滑りにくく、良く手に馴染みます。
そして落とした時の耐久性が強い素材で選んでも、シリコンが有利になります。シリコンはゴム製で柔らかく、弾力もある為地面に落とした場合でも衝撃を吸収します。強い衝撃には耐えられませんが、少し落とす程度の衝撃なら耐えられます。特に厚みのある物の方が耐久性が高いです。
逆にアルミやポリカーボネートなどはシリコンと比べて比較的、固めの素材なので衝撃を直接スマホに伝えてしまい、耐久性は低いです。
そしてアルミは耐久性が低いだけでなく、電波が悪くなる事もあります。
使いやすさを重視するならシリコンを選ぶべきで、アルミやポリカーボネートは選ぶと使いにくくなります。

機能によって普段使いの利便性も向上

シリコンなどのスマホを保護する目的だけの物でも十分使用できますが、物を収納できるポケットやICカードの収納機能が備わっている物が特に便利で使いやすいです。
この様な機能性を重視したスマホカバーには、手帳型やICカードケースの一体型等があります。
メモやお店の会員証やクレジットカードを日常的に持ち歩くなら、手帳型の物が使いやすいです。製品にもよりますが手帳型には基本的に、2個から4個程のポケットがあります。このポケットにカードなどを複数枚収納できます。
そして日常的にICカードで電車に乗る場合にはICカードケース一体型が使いやすいです。ICカードケース一体型では、ICカードを収納することができ、特殊な構造なので改札等にそのままかざすだけで反応します。